【逆転の発想】


こんにちは!

今川大彰です。

昨日はいつも通り?ラーメン屋に行ったんですが、

なんか異変を感じたわけですよ。

やけに話し声が聞こえるなぁって

横を振り向いても客は1人なんですよ。

でも聞こえる。

えっまさか・・・お○け?

背筋が凍った矢先・・

そう、まさかです。

隣の酔っ払いおばちゃんが目をつむりながら、

ずうーっと独り言を喋っていました。

そして、こちらをたまに凝視するので、

僕の大好きなラーメンに全く集中できませんでした。

僕の大好きなラーメンが・・・

記憶にあるのは、おばちゃんの声だけ・・・

こりゃあまた今日もラーメンです。

さて、今日のテーマは、「逆転の発想」についてお話していきます。

BUYMAをやられている方、物販をやられている方で、

ある程度実績が出てくると、こんな質問が出で来ます。

「バイヤー活動に時間を取られすぎて、何もできません。」

そして、成果を出してくると、次の質問がきます。

「お客様対応に追われすぎて、違う部分に時間が取れません。」

幸せな悩みですが、本人にとっては深刻な悩みでもあります。

やはり、物販はお客様対応は必須、とくにBUYMAはそこが売りでもあります。

ただ、実際のバイヤー活動というものは、その他にもやるべき事は

たくさんあります。

一通りの流れでいうと、

リサーチ→出品→問い合わせ→買い付け→梱包→発送→到着通知→取引終了

ざっとこんな感じです。

そのため、問い合わせばかりに気を取られると他が動けなくなるんですね。

では、その時に、何をすべきなのか?

一番効率的に良いのは、自分がしなくてもいいことは外注化するという点です。

これをする事によって、自分がすべき事が明確になります。

でも、駆け出しの時にいきなり、外注を雇うのもリスクがありますし、

月30万あたりまでは1人でやった方が良いでしょう。

何故かはまた追々お話していきますね。

では、実際、お客様対応の部分でどこに時間をとられていると思いますか?

多くの人が、

「在庫確認です。」

バイヤー活動としては、買い付け成功率というのがあります。

そのため、在庫切れでキャンセルが発生すると、

買い付け成功率というのは、下がる仕組みになっています。

お客様が見る評価の一つでもあるので、

キャンセル率を下げないために、ある事をやりますよね?

「注文前に必ず在庫確認お願いします。」

しかし、実際、これをした事によってすごく変わりますか?

僕も実践していますが、正直そこまで変化ないかなと思っています。

そんなの関係なく、

クレジット決済で注文してくる人て普通に存在しますし。

そのため、多くのバイヤーがせっかく在庫確認してと言っているのに、

無駄な動きになってしまうんです。

確かに、在庫確認をして、そこで受注率を高めるのも大事です。

でもそこより、もっとやるべき事をしたいなら考えるべき事があります。

それは、「在庫確認をあえて書かない。」

え?

そんな事したら買い付け成功率下がるでしょ?

って思いますよね。

実際は、取引件数がある程度、溜まっている時点では、

買い付け成功率というのは、それほど下がりません。

もちろん、初めたばかりの段階で、これは危険ですのでやらないで下さい。

あくまでも、取引実績が数百件になり、

自分の時間がとれなくてなってきた人に向けて、お話しています。

「在庫確認をお願いします」というフレーズをあえてなくす事によって、

無駄なお客様対応をしなくてもよいというメリットの方が多いという事です。

しかも、これに関しては、実行するのに手間などいりません。

こういう視点を持つ事で、作業の効率化と時間の削減が実現できると思います。

まさに逆転の発想!

どやっ!

ただ、今回のケースでは、あくまでも1人で行っていく上での話です。

やはり、理想は先ほども話しましたが、

後々には外注化という所に向けて活動していく事がベストです。

ぜひご参考までに。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。

 

 


>>メルマガの登録はこちらから

コメントを残す