【BUYMA×ライアーゲーム】


こんにちは!

今川大彰です。

「このゲームには必勝法がある!」

このセリフ・・・

どこかで聞いた事ありますか?

はい、ライアーゲームというドラマで使われていたセリフです。

ちなみに僕はライアーゲームファンでした笑

あの時の戸田恵梨香が好きでした・・・・

まぁそれは置いといて。

キャストも好きだったんですが、

それ以外に、心理戦が非常にドキドキして面白かったんですよ。

ライアーゲームは、知恵や交渉力、名の通り嘘をつく力を振り絞り、勝ち残るものです。

そして、何より非常に多くの心理用語が出てきます。

特にこの言葉を聞いた時は、なんだ?って思いましたね。

「返報性の原理」

当時、僕はまったく意味が分かりませんでした。

簡単にいうと、ある相手に高額商品を売ろうとして、断れたら、

次にそれより安い商品を売ろうとすると、相手は断れづらくなり、

購入してしまうという原理。

譲歩の譲歩です。

でもこれってよく考えたら、

物販やっている人だったら一度はやっている戦略だったりしますよね。

そういう観点で見ると、非常に旨味のあるドラマだったりします。

また、何より僕が勉強になったという部分が、希少性を使った誘導をしているシーンです。

それがこちらって

↓↓

(・・・・・・)

と言いたくなりますが、

ないので、ご自身で見てみてください笑

もう少し言うと、

葛城リョウ(菊地凛子)っていう人が、

『10秒以内で決めて下さい』 と言うセリフがあるんですが、

これこそが究極の希少性の原理を使った心理誘導だと思いました。

希少性を使うテクニックは非常に効果を発揮します。

BUYMAであれば、

「残り在庫が2個になります。」

「この商品は○月○日までにしか手に入らない商品となります。」

これ見たら買いたくなりませんか?

BUYMAに限らず、人というのは、自分自身で決断できない時に

そっと背中を後押して欲しい、何かに依存したい傾向にあります。

そのため、今回のように外部より、希少性の刺激を受けた時に

迷いというのは、確固たる決断と変わる傾向になります。

つまり、物販をやっている方でしたら、

他のバイヤーより自分の商品が希少性であるというのを

いかにアピールするかが重要となってくるんです。

ぜひBUYMAでこの辺りを取り入れてない方は使ってみてください。

良い意味でのライアーゲームをお楽しみください。

今日もお読み頂き、ありがとうございました。

それでは!

 


>>メルマガの登録はこちらから

コメントを残す