ヨーロッパ店員との3時間交渉


スクリーンショット 2015-02-19 13.13.09

さて、今日はヨーロッパ店員との3時間の交渉戦についてお話します。

簡単に言いますと、
ヨーロッパしか転送できない商品を
「どうにか日本に送ってくれよ、お姉さん」っていう感じです。

以下は、BUYMAあるある劇場。

とてもつもない利益商品を見つける

テンションMAX

仕入れ先を見つける

テンションフルMAX

しかし、ヨーロッパ圏内のみを知ってしまう。

テンション落ちまくる

諦める

終了
こんなBUYMAあるある経験した事ないでしょうか?

僕は何度もこのループに陥った事があります。

しかし、今ではとりあえず交渉。

1に交渉、2に交渉です。

だって、ヨーロッパしか転送できない商品を
日本に仕入れ出来たら、多くが手が出せないですよね。

あきらめるのは簡単です。
だからこそ、アタックする価値があるんです。

結果をいうと、合計20通以上のメール交渉の末に、
日本に送れるように出来ました。

どうやって、自分が交渉したかの具体的な部分は、
セミナーなどでシェアしたいと思います。

要は、想いを伝えるです。

BUYMAでなかなか利益商品が見つからないという人ほど、
簡単にあきらめすぎだと感じます。

初めから出来ないと決めつけるのではなく、
どうすれば出来るのかを常々考えていきましょう。

必ず道は開けます。

今日はこの辺で!

アディオス!


>>メルマガの登録はこちらから

コメントを残す